がん治療に欠かせない抗がん剤。副作用の現れ方などを確認しましょう

ナース

副作用を理解する

診断

治療を把握すること

不安感を持っていると、副作用の症状がよりつらく感じてしまうことがあります。不安になる理由に、治療に関して知識や理解が不足していることが挙げられます。そのため、事前に治療についてちゃんと理解することは非常に大切なことでしょう。薬の種類、服用のスケジュール、発生する副作用について担当医や看護師からの説明を聞くことです。自分のこれからの治療について把握することで、心の準備が持てて前向きの治療が行えるでしょう。

副作用が現れる時期

吐き気や脱毛など抗がん剤で発生する副作用の症状は薬によって異なりますが、それらは一度に発生するわけではありません。副作用の症状は、使用された抗がん剤が身体の正常な細胞にどのようなダメージを与えてしまったかによって、副作用が発生する時期や期間に違いがあります。それらもしっかりと把握しておくと良いでしょう。

使用開始後に出る症状

抗がん剤に対するアレルギー反応の中でも、特に危険なアナフィラキシーは投与後開始直後に発生します。重い症状を引き起こしてしまいますが、そんなに頻繁に発生するケースではありません。また、そのほかのアレルギー反応であるじんましんや呼吸困難、発汗、発熱などは、抗がん剤の投与中や投与して数時間後に発生することが多いでしょう。

副作用のグレード

抗がん剤の副作用はグレードがあり、主にグレード0からグレード4まで分類されています。グレード0や1は副作用の症状が発生しない、もしくは投薬をしなくても2~3日くらいで症状が落ち着くレベルです。一方でグレード2以上の副作用は、症状に対して適した処置や処方をしないといけないレベルで、場合によっては抗がん剤の中止や延期も考慮されます。

無理をしないことが大事

抗がん剤によって発生する副作用は、人によって異なります。使用する薬の種類によっても症状は変わりますが、症状の現れ方にも個人差があります。副作用が発生すると、薬が効いている証拠だと感じて症状を我慢する人も多くいます。残念ながら、副作用の強さと治癒効果にはあまり関係がありません。そのため、あまりにひどい場合は医師に相談をして、副作用を軽減していきましょう。

抗がん剤の副作用

抗がん剤と聞くと副作用とイメージするほど、この2つは深い関係があります。しかし、副作用と言っても薬の違いや個人差によって色々なパターンを持っています。このサイトでは抗がん剤治療における副作用についてまとめているので、色々と確認してみましょう。

広告募集中