抗がん剤治療で起きる副作用を軽減するために取り組みたいこと

ナース

副作用を軽減する

ナースと患者

軽減するためには

がんを治療するにあたって、抗がん剤の副作用は仕方ないと考えている人も少なくありませんが、抗がん剤投与が原因の副作用は、バランスの良い食生活と規則正しい生活習慣で症状を軽減することが出来ますよ。がん治療では栄養素の不足や体力・免疫力の低下に注意して、消化吸収機能や血液循環を高めることが重要です。免疫力や抗酸化力が強くなると、がん治療で起こる副作用の軽減に期待が持てるでしょう。

副作用にはサプリを活用しよう

放射線治療や手術、抗がん剤といったようながんの治療法は、がん細胞だけではなくて正常な細胞にもダメージを与えて、体力と抵抗力を低下させてしまいます。それを予防するために、サプリを活用することが有効と言われています。栄養素の補充や免疫力向上、抗酸化、滋養強壮などの効果があるサプリを積極的に摂取することで、がん治療の副作用を軽減することが出来るでしょう。有効成分などを確認することです。

フコイダン

このフコイダンはもずくや昆布などの褐藻類に含まれている特有のヌメリ成分です。これまで行なってきた研究でフコイダンには免疫力をアップさせる作用があって、身体の免疫システム全体を活性化してくれることが判明しています。また、がん細胞の成長に関係する血管新生を抑えてくれる効果にも期待出来ます。

プロポリス

みつばちが作り出す植物性物質の混合物がプロポリスになります。確認できるものだけでも300万種類以上の成分を含んでおり、色々な健康効果を持っています。特に注目されているのは強い抗酸化作用で、がんなどの病気にも効果が期待できます。そのため、プロポリスが配合されているサプリはおすすめになりますよ。

スクワレン

深海のサメなどの肝油から作られる不飽和脂肪酸の種類となります。この有効成分は特に肝臓への効果が高いと言われています。スクワレンを摂取することで、身体全体に酸素が行き渡るでしょう。酸素が運ばれると体内組織は活性化して、内臓機能を正常にしてくれます。また、がん細胞に新しい血管を促進させない阻害作用もあります。ですが、手術前後では摂取を控えるべき成分となっています。

抗がん剤の副作用

抗がん剤と聞くと副作用とイメージするほど、この2つは深い関係があります。しかし、副作用と言っても薬の違いや個人差によって色々なパターンを持っています。このサイトでは抗がん剤治療における副作用についてまとめているので、色々と確認してみましょう。

広告募集中