抗がん剤には色々な種類があり、それぞれ副作用にも違いがあります

医者

知っておきたい抗がん剤

がん細胞の分裂を防いで、細胞の増殖阻止や破壊を促進するのが抗がん剤になります。この抗がん剤は広範囲の治療効果が期待できます。また、他にも転移や再発を防いでくれるなどの場面でも活用されます。このような効果が期待される反面、副作用という存在に注意しないといけません。

新着情報

がん治療に効果的

抗がん剤単独での治療はもちろんですが、手術や放射線治療との併用で高い効果を狙うなど、がん治療では大きな役割を果たしています。現在、癌治療で使用される抗がん剤は約70種類もあり、それぞれ作用の仕方なども異なっていきます。

抗がん剤の種類

ドクターとナース

分子標的薬

分子標的薬は比較的新しい治療薬で、1990年代後半からがん治療に使用されています。今までの抗がん剤は健康な成分も含めた不特定多数の細胞に影響を与えていましたが、この分子標的薬はがん細胞の表面になる酸素タンパクや遺伝子など、がん細胞特有の分子を標的にするという違いがあります。主な特徴は正常な細胞に影響を与えずにリスクが軽減させるため、副作用が比較的軽いことです。

ホルモン剤

ホルモン剤は基本的にホルモンの過剰分泌と関係がある乳がんや前立腺がんの治療に使用されます。がん細胞の成長を促進させる特定のホルモンの分泌を止める治療法で、がんを消すというわけではなくて、発育を阻止してがんをコントロールするのが特徴です。副作用は他の抗がん剤と比較すると軽度にあたりますが、乳がんに使用する場合は女性ホルモンが減少してしまうため、更年期と同じ症状が出ることもあります。

抗がん性抗生物質

抗がん性抗生物質とは、抗がん作用を持っている抗生物質のことを言います。抗生物質というと、風邪を引いたときに使用される身近な薬剤のペニシリンなどがあります。細菌の増殖を阻害する薬で、カビなどの微生物を利用して製造されています。この抗ガン施抗生物質は薬によって副作用が違います。比較的副作用が強いことで知られており、吐き気や強い骨髄抑制などがあります。

免疫調節剤

体内の免疫機能を向上してくれて、がん細胞を破壊することを目的に作られたのが免疫調節剤になります。この免疫調節剤は他の抗がん剤との併用で延命効果や再発防止率を高めることが目標で、特定のがん細胞に対する免疫が高まるというわけではありません。今までの抗がん剤とは全く違うアプローチとなっているため、がんの治癒や副作用の軽減に期待が高まっているでしょう。

抗がん剤の副作用

抗がん剤と聞くと副作用とイメージするほど、この2つは深い関係があります。しかし、副作用と言っても薬の違いや個人差によって色々なパターンを持っています。このサイトでは抗がん剤治療における副作用についてまとめているので、色々と確認してみましょう。

広告募集中